2/19の読書 『1日ひとつだけ、強くなる』

プロゲーマーである梅原大吾さんの『1日ひとつだけ、強くなる』を読了。

対戦格闘ゲームにおいてどうやって勝ってきたか、強くなってきたかという話であるが、
これはシステムトレードにもつながる内容では?と思うところもあったので、以下メモがてら引用。


「うまくいかなかったから修正する」ではもう遅い
うまくいかない、結果がでない、そういった不首尾に終わった結果があって初めて考える。これは少し受身だと思う。悪い結果がでていないからといって、考えようとしないのも心もとない。もちろん、悪い結果が出ても対処しようとしないのは論外だ。



勝ってるときでも検証や新たな戦略の構築は怠ってはいけないな。。


読みや直感は行動に移さないと鈍る

「理屈ではこう動くべきじゃないのかもしれないけど、こっちのほうがいいような気がする」と思ったら、行動に移した方がいい。
予測は不安定なものだけれど、行動に移し、経験を積むことで精度は上がる。悪い結果になったとしても、それがひとつの経験になって次に進むことができる。


気づいたことがあったらすぐバックテストだ!


負けることよりも「発見がないこと」のほうが怖い
そもそも、格闘ゲームで100戦100勝は無理。必ずどこかで負ける。負けることをいちいち怖がっていても仕方がない。
第一、負けることは挫折ではない。それよりも「今日は何の発見もなかった」と思う方が僕にとっては怖い。



一日一個、相場やトレードから何か発見することを心がけよう。


ということで、学びの多い大変面白い本であった。
他のプロゲーマーの方の本も面白そうなので読んでみようと思う。


スポンサーサイト

本音で生きる〜一秒も後悔しない生き方〜

こんばんは、えびすまるです。

今週も相場が始まりましたね。
日経平均は+193.67円と大きく上昇しましたが、私は特に売買をせずエナリスをホールドです。

(エナリスも大きく上がってくれることを期待しましたが、+3円のみの上昇でした。)

ネタが無いので、最近読んだ本の紹介でも。

堀江貴文さんの新刊「本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)」をkindleでダウンロードして読みました。

これまでも堀江さんの本は何冊か読んでおり、くっそ読みやすい印象を持っておりますが、今回も同じく2時間程度でサクッと読めました。

一言で要約すると、「人生を最適化しろ」

以下、読書メモ。

・猫ひろしにカンボジア代表になってオリンピックを目指すことを勧めたのはホリエモン。

・うまい食事を食べても太りたくないから毎日走っている。

・ただ、外を走るっている間は音楽聞くくらいしか情報得られないから、ルームランナーを使っている。

・ルームランナーでもだらだら走るのではなく、インターバル走(急走と緩走を組み合わせる)中心。

・なぜなら、インターバルであれば緩走時にスマホで情報収集&仕事ができるから(←やばい)

・アウトプットが苦手なやつは圧倒的にインプットが足りない。インプット増やせば自然とアウトプットは出る。

最後のは、僕もアウトプットが苦手なので、見習おうと思いました。
ちなみに本中で紹介していた堀江氏がメインで使っている情報収集ツールは、
グノシー、スマートニュース、LINEニュース、antenna、NewsPicks、twitterだそうです。



ではまた。

プロフィール

えびすまる

Author:えびすまる
技術系サラリーマン

2011年に株式投資をスタートするも、翌年利益を全部飛ばしてプチ退場。2015年から相場に復活。2016年にシステムトレードに出会うも、下手な裁量を入れてしまって大負け。2017年からシストレのみで相場に挑みます。

損益

2011年 +1,662,723円
2012年 -2,086,934円
2013年     0円
2014年     0円
2015年  -75,523円
2016年  -975,163円
2017年
1月    +34,000円
2月    -27,827円
3月   +280,452円
4月   +282,739円
--------------------
累計   -905,533円

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム